蕨市 内科 胃カメラ 苦痛の少ない内視鏡 よこたクリニック 消化器科 胃がん検診 健診

トップページ

当院の特徴

診療内容

経鼻内視鏡(胃カメラ)

よくあるご質問と答え

クリニック紹介

自由診療
よこたクリニック
QRコードで簡単アクセス
Nステージ 患者の気持ち

いつもお疲れの方に

にんにく・ビタミン注射で疲労回復を!

こんな症状にお心当りございませんか?

  • よく寝ているはずなのに全然疲れがとれない方
  • 疲れがたまっていても、大事な仕事があり休めない方
  • 緊張型頭痛や肩こり、腰痛でお困りの方
  • 冷え症で体力が弱く、良く風邪をひく方やなかなか体調が元に戻らない方
  • 夏バテによる体力減退ぎみの方
  • 二日酔いの方や肝臓が弱っている方 など・・・
そんな方にお勧めしたいのが、にんにく・ビタミン注射です。
にんにく・ビタミン注射で疲労回復を!
にんにくA にんにく注射の気分を味わってみたい方に 1,200円
ブドウ糖+ビタミンB1(1本)
にんにくB 風邪の引き初めに ちょっと疲れたときに 1,500円

ブドウ糖+ビタミンB1(1本)
  + 総合ビタミン製剤(B1、B2、B6、B12)+ビタミンC

にんにくC ひどい肩こり、頭痛に 2,000円
ブドウ糖+ビタミンB1(2本)
にんにくD ひどい慢性疲労、食欲不振が続いたときに 2,300円

ブドウ糖+ビタミンB1(2本)
  + 総合ビタミン製剤(B1、B2、B6、B12)+ビタミンC

にんにくE おつきあい、アルコールの多い方に 2,700円

ブドウ糖+ビタミンB1(2本)
 + 総合ビタミン製剤(B1、B2、B6、B12)+ビタミンC
 + 肝臓保護剤20ml

にんにくF ひどい二日酔い、絶不調のときに 3,100円

ブドウ糖+ビタミンB1(2本)
 + 総合ビタミン製剤(B1、B2、B6、B12)
 + ビタミンC +肝臓保護剤40ml

ビタミン注射(にんにくのにおいが苦手な方に)
ビタミン注射A 疲れがとれない、肩こりなどがあるけど、
 にんにく注射のニオイは苦手の方に
1,500円
ブドウ糖
  + 総合ビタミン製剤(B1、B2、B6、B12)+ビタミンC
ビタミン注射B 総合ビタミン製剤がビタミン注射Aの2倍♪ 2,000円
ブドウ糖
  + 総合ビタミン製剤(B1、B2、B6、B12)×2本+ビタミンC
ビタミン注射C お肌の調子を改善したい方に♪
 ブドウ糖+ビタミンC 3本
 ビタミンCを3倍です。
1,200円
ブドウ糖+ビタミンC 3本
肝臓保護剤注射

肝臓機能が低下している方、アルコールの多い方、じんましんなどのアレルギー性皮膚疾患を起こしやすい方にお勧めです。


肝臓保護剤 20ml 1,000円 肝臓保護剤 40ml 1,400円

各薬剤の量、組み合わせなどは調節できます。
また点滴にする事もできますので、お気軽にご相談下さい。

にんにく・ビタミン注射とは?

にんにく注射といっても、当然ですがにんにくのすりおろしを注射するわけではありません。
ビタミンB1などが主成分で、このビタミンB1の構成成分がにんにく臭のすることから、にんにく注射と呼ばれております。


体が資本のスポーツ選手やハードスケジュールに追われる芸能人の方が愛用していることがマスコミで取り上げられ有名になりました。
にんにく注射は、疲労や倦怠感回復にとても有効で、即効性があります。
また、効果があっても「にんにく臭はちょっと・・」という方にはビタミン注射をご用意しております。

ビタミンB1とは?

ビタミンB1は、接種した糖分を分解し、体や脳が活動するのに必要なエネルギーに変える働きを助けます。
ビタミンB1が不足していると、糖質からエネルギーを取りだせないので元気が出ないばかりか、分解されなかった糖質はやがて脂肪になり、肥満につながってしまいます。


また、ビタミンB1は筋肉にたまる疲労物質である乳酸の除去の役割もありますので、不足していると疲れのたまりやすい体質になってしまうのです。


体がだるく、元気がなく、すぐに脂肪がつく、すぐに疲れる、イライラしがちなど・・
このような方は、ビタミンB1が不足しているかもしれません。

効能について

にんにく・ビタミン注射は血液に乗ってまんべんなく全身にビタミンを行き渡らせ、蓄積した乳酸を燃やしてくれます。
血行も良くなって新陳代謝が高まり、残った疲労物質を洗い流してくれます。
にんにく注射(ビタミン注射はしません)をしている間、にんにく臭がするのは、ビタミンB1に含まれる硫黄が原因です。


にんにくのにおいはすぐに消えますし、揮発性成分ではないので、息がにんにく臭くなる事はありません。
にんにく注射のビタミンB類は水溶性ですので摂取しすぎたり体内に蓄積することがなく副作用はほとんどありません。
逆にいうとすぐに体外に排泄されやすいので定期的に十分補充しておく必要があります。